モデルを目指す

目指す

活躍をしようと思ったら

モデルを目指したいと思ったら誰でもなれるわけではありませんから、それなりに条件をクリアしなければいけません。基本的な条件といえば、モデルというと長身であることが基本です。ファッションショーに出るモデルはショーによって出演できる身長が違っているのですが、ファッションショーなどで活躍をしようと思ったら170センチくらいはないといけません。普通のファッション誌で活躍をしたいと思っても165センチ以上はないと厳しいのではないでしょうか。

外見を磨く
そして背が高いだけではいけません。もちろんそれなりにプロポーションがよくなければモデルにはなれません。背が高くてプロポーションがよければ誰でもモデルになれるのかといえば、そうでもないのです。やはり誰からも愛されるキャラクター性が必要ですし、多くの人を惹きつける力を持っていないといけないのです。いわゆるオーラがないといけないわけですね。一流のモデルになりたいと思っているのなら、それ以上にも必要なことがあります。

技術を学ぶ
モデルは一度なったらそれで終わりではありません。努力をし続けなければその位置を維持することはできませんので、その位置を維持するためにも、努力を怠ってはいけませんし、自己管理も大切です。撮影の日やファッションショーの日に、肌荒れしているとか、怪我をしている、体調が悪いということになってはいけませんので、必ず自己管理は人一倍気をつけなければいけません。外見を磨くことももちろん大事ですし、技術面でもいろいろなことを常に学んでいかなければいけません。それは歩き方であったり、ポーズであったり、時には演技力が必要になることだってあるのです。また写真写りについても技術が必要ですし、クライアントやカメラマンが思うようにするためにはどうすればいいのか、その表現力なども重要です。

モデル検定
モデルを目指す人のためにモデル検定と言う検定があります。モデルとして基本から応用まで、初級から上級のテクニックを身につけるために依頼された仕事内容に合わせそれぞれの技能を発揮者酸くなりますので、モデル検定を持っていれば、スムーズにモデルの仕事をすることができるでしょう。モデルを目指す人は今紹介したようなことを日々気をつけていかなくてはいけません。

【紹介】
モデル検定
モデル検定ofモデルブック

内面を育てる
モデルは華やかな世界であり、とてもやりがいがある仕事ではありますが、それを鼻にかけていたのでは愛されるモデルにはなりません。内面も磨いて、人から応援される人間性やキャラクターであるということもとても重要なのです。