モデルってどんな仕事?

モデルのお仕事

モデルの種類

モデルの仕事とはどのような仕事なのか、それをこれから見ていくわけですが、モデルと一言で言いましてもいろいろな種類があります。活躍する場所によってもモデルの種類は違っているのです。

ファッションモデル

大きく分けると2つの種類のモデルがいます。ファッションモデルと、そしてコマーシャルモデルです。この二つの種類にモデルは分けることができます。後ほど詳しくそれぞれの紹介はしていきたいと思いますが、モデルの中のファッションモデルは一番身近で私たちがモデルだと思っている人たちではないでしょうか。主な仕事はファッションショーにでて新しいファッションを紹介する、ランウェイを歩いて華やかな仕事、ショーで活躍しているモデルさんです。そしてファッション誌で活躍しているモデルさんもファッションモデルです。ファッションショーや雑誌で活躍していたモデルが今は芸能界に転身して、女優になったり、タレントになったりするケースはとても増えていますが、皆さんもともとはファッションモデルだったということが多いですね。

コマーシャルモデル
そしてコマーシャルモデル。これは主にコマーシャルフィルムに出ているモデルさんです。タレントでも芸能人でもないけど商品を紹介したりテレビのCMに出ている人がいますよね。あれがコマーシャルモデルです。またテレビのCM以外の仕事としてポスターのモデルになったり、カタログなど企業の広告で活躍をしているモデルさんをいいます。年齢は幅広く、さまざまな商品のモデルが求められますので、赤ちゃんモデルから、お年寄りのモデルまで、幅広く活躍しているのがファッションモデルと違う点かもしれません。コマーシャルモデルは年齢の幅がとても広いのです。

パーツモデル
そしてまだモデルの種類はあります。ファッションモデルもコマーシャルモデルも、その人そのものがモデルの対象でしたが、パーツモデルという存在もいるのです。パーツモデル、それは体のパーツの一部分だけのモデルのことを言います。たとえばハンドクリームに出ているタレントがいたとして、顔の部分はタレントを撮影しますが、実際クリームを塗るシーンになるととても手が綺麗な手のモデルさん、ハンドモデルさんを撮影しているのです。パンストや靴のCMも同様にして、モデルさんを起用していてもその一部分だけは、レッグモデルと呼ばれるモデルさんがいて、脚がとても綺麗なので、そのパーツだけはそのモデルさんにお願いしているというわけです。ある一部分に長けている、その一部分だけのモデルというわけですね。

モデルのやりがい
様々な種類がありますが、どれであっても、モデルとしてのやりがいを感じることができるものです。
やりがいについて見て行きたいと思います。