コマーシャルモデル

コマーシャルモデルも立派なモデルの仕事

コマーシャルモデルは、活躍の場がファッションモデルやショーも出るとは少し違っているのが特徴です。
主にテレビのコマーシャルで活躍をしたり、ポスターのモデルになったり、企業のカタログなどで活躍をするモデルのことを言います。

活躍は目立ちにくい

ファッション誌で活躍しているモデルやショーで活躍しているモデルに比べると少し華やかさに欠けるかもしれませんし、有名にならないことのほうが多いのが特徴ですが、コマーシャルモデルも立派なモデルの仕事です。
テレビなどでタレント、芸能人を使わないCMがあると思いますが、ああいったタレントや芸能人が出演していないコマーシャルは、コマーシャルモデルが出演しています。

名前も知らない人なので、誰だか意識してみたことはないかもしれませんが、コマーシャルモデルとして活躍している人なのです。
テレビコマーシャルに出ている人はまだ活躍しているほうで、主に企業やメーカーのポスター、カタログだけで活躍しているモデルもいて、特定の人しか見ないようなカタログでのモデルをしている場合には、誰もが知っているモデルになれるというわけではありませんので、かなりファッション誌で活躍をしているモデルに比べると日陰の存在に思える人もいるかもしれませんね。

企業のサービスや商品のイメージ

しかしコマーシャルモデルもモデルには違いありませんので、企業から依頼があれば、その商品やサービス、ファッションをよく見せるために努力をして、企業のイメージを聞いて撮影に望まなくてはいけません。企業がクライアントですので、表現力をもってして、その企業のイメージどおりにしなければいけないのでかなり難しい仕事でもあります。

そしてその仕事は多岐にわたっていて、通販カタログのモデルかもしれませんし、電化製品のモデルかもしれませんし、飲料のポスターのモデルかもしれませんので本当にその種類はさまざまなのです。
どんなモデルの仕事が来るのかはわかりませんが、地道にコマーシャルモデルの仕事をしていてそこから、ファッション誌のモデルに起用されて華やかな世界で活躍をしたという人も大勢います。登竜門的な存在でもあります。

またコマーシャルモデルの場合は若いモデルだけではありません。それぞれのメーカーが出す商品やサービスにあった年齢層のモデルが必要になりますので、下は赤ちゃんであることもありますし、上は高齢者であることもあるのです。商品のイメージに合うモデルが起用されるので年齢層が幅広く長い期間モデルとして活躍することができるというメリットもあります。