パーツモデル

パーツモデル

パーツモデルというのは、これまでに紹介しているファッションモデルやコマーシャルモデルとは違います。
これら二つのモデルの仕事は全身が対象となるモデルに対して、パーツモデルは、体の一部分だけのモデルのことなのです。

体のパーツが美しいモデル

手であることもあれば、足であることもありますし、唇のモデルであることもあります。
場合によってはシャンプーのCMで髪の毛のモデルとして出演することもありますので、本当に部分は多岐に渡ります。
ハンドクリームや指輪のモデルならハンドモデルが起用され、ブーツや靴、ストッキングのモデルならレッグモデルが起用され、そしてズボンや下着ならヒップモデル、口紅ならリップモデルといったようにそれぞれのパーツで一部分がモデルとして起用されるのです。

パーツモデルはその一部分が人よりも長けているほど美しくなければモデルになれません。107636r
人よりも優れているからこそその部分のモデルになれるのです。
全身のモデルに比べると楽だと思う人もいるかもしれませんが、実際は違います。
その部分に対してのケアは念入りに行わなくてはいけませんし、その部分が商品なわけですから、ケアをしなかったり、怪我をしたり傷をつけたりしたら商品として価値がなくなりますので、撮影に影響が出てしまいます。
ですからケアは普通以上に努力をしていつまでも普通の人よりも優れた状態を維持しなければいけないのです。

体力も必要

ハンドモデルなら手あれや手の怪我は絶対にいけません。脚のモデルもどこかにぶつけてあざができるなどありえませんので、しっかりとケアしなければいけませんし、日々の生活の中でもかなり気を使いますので、大変です。髪の毛のパーツモデルをしている人も、髪の毛が痛んではいけませんので、紫外線に絶対に浴びないとか、日々小さな努力をしているのです。

モデルの仕事は華やかな仕事ではありますが、実際にはパーツモデルも含めてとても地道な努力が必要ですし、とても大変な仕事なのです。
思っている以上にハードで体力も必要ですし、ただ綺麗なだけ、容姿に優れているだけでは誰でもなれる仕事ではないわけです。
特にパーツモデルはその部分が人並み以上に優れていなければいけない上に、ケアも怠ってはいけないですから日々の生活でもかなり気を使いながら生活をしなければいけないのでかなり大変な一面があります。
それでもパーツモデルの仕事はたくさんありますので、活躍している人も大勢いるのが現状です。