モデルになる条件

モデルの条件

さまざまな条件

モデルになるためには、さまざまな条件、スキルがなければなれません。モデルになりたいと思っている人は、どんな条件をクリアしなければモデルになることができないのか、あらかじめ知っておいたほうがいいでしょう。たとえばそれは自分のもともと持っている条件である場合もあれば、これから努力すればクリアできる条件でもあります。

【モデルに必要な条件】
身長
例えば身長です。身長はこれから努力をしてもモデルの条件としてクリアできるものではないことがありますから、生まれ持った才能の1つといってもいいでしょう。モデルの身長は高いほうがよく、ファッションショーで活躍するモデルの場合には170センチ以上は普通に条件として提示されていますし、ファッション誌で活躍しているモデルであっても、165センチでは低いくらいなのです。モデルはファッション性が高くて存在感が求められる仕事です。存在感を求められれば求められるほどに、もっと高い身長がなければ活躍できません。

体系
そしてただ身長が高いだけでもいけないのです。体型、プロポーションも大事です。スリーサイズも重要で、それもひとつの目安になるのですが、数字だけでなく、見た目のバランスも求められます。顔が小さくて、手足が長い、八頭身と呼ばれているようなプロポーションであることが求められている体型なのです。バランスがよくなければいくら身長が高かったとしてもそれではモデルになれません。

顔立ち
そして顔立ちも重要な条件です。容姿がいいことはもちろん、好感度が高い顔立ちであることも重要です。ファッションや商品を際立たせる顔をしていないといけません。


そして脚ですが、脚の美しさ、これは絶対条件なのです。脚が綺麗に見えなければモデルにはなれません。

スキル
体や顔など容姿だけではありません。モデルとしてのスキルも必要です。商品をもっとよく見せるためのショーでの歩き方、ポーズの仕方などを自分で常日頃から研究して磨いておかなくてはいけません。

キャラクター
そして最後にキャラクター性です。モデルだからといって天狗になっていたり、偉そうな態度をしていると、多くの人から支持されませんし、商品へのイメージキャラクターにも起用されません。好感度が高いキャラクターであるということがモデルの条件としては大事なことですのでそれも覚えておくといいでしょう。

モデルになるためには、ただ単に身長が高くて、プロポーションがよくて、そして容姿が整っていればそれでなれると思っていた人も多かったかもしれませんが実際はそうではないのです。