足

モデルは脚の美しさは絶対条件ですから、脚のケアや脚の手入れなどは力を入れる必要があります。脚が綺麗なモデルはただ細いだけではありません。いうならばメリハリがついている脚なのです。健康そうで、出るところが出ている足、締まるところが締まっている脚、それがモデルとして必要な脚です。足首はシャープに引き締まっていて、ふくらはぎ、太ももの後ろには適度に筋肉がついている、そんなメリハリのある脚が、モデルとしてあこがれる脚です。何もしなくてもモデルのような脚になれることはありません。努力は必ず必要です。運動が苦手という人でも運動をしなくても脚を鍛えることは出来ますのでエクササイズをするようにしましょう。内ももがたるんでいるとせっかくの脚が台無しですので、たるんだ内ももを引き締めるためのエクササイズをします。そしてバランスのいい筋がある脚になるためにも、しっかりと鍛えることが大事です。また骨盤がゆがんでいると脚もゆがみます。すらっと長くて曲がっていない脚、それがモデルとして求められる脚になりますので、すらっとしている脚を作るためにも、土台となる脚が出ている骨盤部分のゆがみをケアする必要もあるでしょう。そして、脚にツヤがなければいけませんので、顔の肌や手の肌をケアするのと同様にして、脚のケアも怠らないようにしましょう。だんだん角質などもついてきますので、肌もがさつきますが、しっかりとお風呂上りにボディミルクやクリームなどをつけて肌の角質を綺麗にやわらかくしましょう。硬くなった角質はなかなか蓄積されると取れませんが、やわらかければターンオーバーもスムーズに行くはずです。定期的に角質のケアをして、日々保湿をしてツヤがある肌を目指すようにしましょう。そして立ち方や座り方にも注意が必要です。

日ごろの癖が脚を台無しにしていることもありますので、肩幅より外に足を置かない、綺麗に立つようにして、どちらかだけに重心を置くのではなくて、両方に均等に重心をおきましょう。イスに座るときも同様にして、ひざとひざは出来るだけ離れないよう荷意識して重心は左右どちらにもかけて座りましょう。ひざより内側に脚を入れないようにして、横から見て、足が90度以上開いていないようにしましょう。モデルの足を手に入れるためには、スキンケアだけでなく、日ごろからの努力が必要です。日々日常生活でも、立ち方やその他いろいろなことに気を配っていきましょう。