顔立ち

顔だち

好感度を持てる顔

モデルになるための条件として顔立ちも必要です。人から愛される、好感度が高い顔立ちをしている必要がありますし、ただ単に人から愛されて好感度が高い顔立ちだけではいけません。ファッションを際立たせるような顔である必要もあります。ただ美人で、とても綺麗だったとしても、見ために性格が悪そうな顔をしているとか、好感がもてない顔をしていると、モデルとして1回や2回は仕事があるかもしれませんが、それが人気につながることもありませんし、そこから華が咲くということもありません。単発のモデルとしてならやっていけるかもしれませんが、これから先モデルとして活躍をしたいと思っている人にとっては、それではいけません。顔立ちがなぜ大事なのかやはり、これからモデルとしていろいろな媒体に出るにあたって、何かを宣伝するためにモデルとしてその商品を引き出すのが仕事です。

顔の表情

そしてその商品やサービスを手に取ってくれる人が一人でも多くいること、増えることがモデルを起用したことのメリットです。それなのに、好感度がもてないモデルを起用していても、その商品そのものはいいのに、モデルがよくない、あまり好きではないと思っている人が多いせいで、商品やサービスが売れないこともあるかもしれません。ですから、一人でも多くの人から好感を持ってもらえるような顔立ちであることが重要です。

二重
https://www.dr-masaki.com/menu/eyes/
「目は口ほどにものを言う」と言われているように、顔の印象を左右するパーツは目元です。一般的に人気なのは二重やまつげが長い大きな目です。目が大きいと顔全体が華やかな印象になります。他にも眉毛も眉山の高さや眉自体の長さで、キリッとした顔立ちにもかわいらしい顔立ちにも変えることができます。

しかし顔立ちは生まれ持ったものだから変えられようがないと思っている人もいるかもしれませんが、そうでもないのです。生まれ持った顔だからというわけではなく、気持ちや内面は顔に出やすいものですので、内面を磨いていくことによってそれが好感度を持てる顔の表情にしだいになっていくはずです。外見や見た目を磨くことももちろんモデルとしては重要なことかもしれませんがそれ以外にも、内面を磨いて、顔立ちにそれが表れるようにしなければいけません。

その上で好感が持てるだけではいけません。モデルなのですがからファッションを際立たせるような顔である必要もあるのです。何かとモデルは顔立ちひとつとっても大変な職業ではありますが、それらがすべて備わったとき、誰からも愛される活躍できるモデルになるといってもいいでしょう。思った以上に顔立ちというのはモデル人生やモデルとしての将来を左右しますので、顔立ちは重視して好感が持てる、ファッションを際立たせることが出来るかを考えてモデルとして日々努力をしていきたいですね。