身長

ショーモデルとして

モデルになるための条件の1つとして身長があります。身長はファッション性が高くて、存在感が求められれば求められるほどに、高い身長を求められることが多いのです。モデルになりたいと思っていても条件をクリアしていないとなかなか難しいのですが、その条件の1つとして、身長があります。モデルになるのは出来れば高ければ高いほうがいいのですが、174センチ以上あればいいといわれています。ショーモデルとして本格的に活躍をしたいと思っているのなら、174センチはあったほうがいいでしょう。海外の有名なブランドのショーに出る場合でも174センチ以下ではなかなか出られません。
ショーモデルとして活躍をしたい場合には顔の見栄えや綺麗さよりも、実は身長のほうが重要視されるのです。

コレクションのショー

顔は美人でもいいので、逆に個性的な顔のほうが好まれますが、いかに手足が長く身長が高いかが重要です。海外の有名なコレクションのショーで活躍をしたいと思っている人はさらに高い176センチはあったほうがいいでしょう。
外人のモデルの仲に入っても見劣りしないようなボディスタイルも必要です。
日本で活躍しているモデルといえば川原亜矢子さんもその1人ですが、川原さんで176センチありますし、富永愛さんで178センチ、石川亜沙美さんが178センチありますので、そのくらいないと厳しいかもしれません。

そして身長だけ高ければいいというわけではありません。その身長で、痩せすぎないよう西なければいけないのです。この身長で仕事をすることが出来るのは海外のブランドやショーのための服です。日本でも既製品というわけではなくて、モデル専用の洋服なので、外人のモデルと一緒に並んでも見劣りしないような体の厚みをもっていないといけないでしょう。

雑誌やテレビなどで活躍したいと思っている人なら、170センチから173センチの身長でも活躍は可能です。しかしこの身長は多くのモデルがこれくらいなので、競争率が高いといってもいいでしょう。もし身長が165センチから169センチくらいでモデルをしたいと思っている人がいれば、スチールの仕事が多いといってもいいでしょう。ブライダルショーなら可能です。そして165センチ以下の場合はスチール、着物の仕事がメインになります。自分がどんなモデルになりたいのか、それは実際は、自分の身長によって決まるといっても過言ではないのです。いくらコレクションのショーを目指していても身長が160センチ台でしたら、残念ながらなりたくてもなれないのです。