スキル

磨きスキル

モデルになるためには、いろいろなスキルを身につける必要があります。モデルは、何か商品やサービスをよりよく見せるために仕事をすることが大半ですから、よりよく見せるためにはどうすればいいのかということを身につけなければいけません。モデルに必要なスキルは具体的には商品をよりよく見せるためのスキルということになりますが、ショーに出るのならウォーキング、そして表現力や顔の表情なども含めたポージングを磨く必要があります。これらを磨きスキルとして実につけなければ、モデルとして1人前になって働くことが出来ません。自分ばかりが前面にでて、自分が主役なのだという意識ではモデルは失格です。モデルに必要なスキルは、その他どんな仕事でも柔軟に対応をすることが出来る資質もありますね。写真撮影ならカメラマンの指示に従って、いろいろな表情を作る必要があります。それがプライベートで何か気落ちするようなことがあったとでも笑顔にならなければいけませんし、自然な笑顔を見せなければいけません。これは簡単なようで実は大変なことなのです。作り笑顔の表情は見ていて痛いですし、それが作り笑いでうそであることは見抜かれるでしょう。表情だけではありません。いろいろなシーンの撮影があるでしょうから、その撮影のシーンを想定してポージングも日々スキルとして身につけなければいけません。

スキルアップを目指す

そしてショーで活躍するモデルになるのでしたら、ウォーキングは完璧にこなさなくてはいけません。表情を作るなら、日々鏡を見て練習をすることが出来るのですが、ウォーキングやポージングというのは自分で練習をするだけでは十分とはいえないかもしれませんので、自分だけで実力を身につけたり、スキルを身につけることが難しいかもしれませんから、モデルとして活躍をしたい人は、プロに指導をしてもらいつつも、スキルアップを目指すことが大事です。

スキルという言葉は違うのかもしれませんが、モデルの仕事は1人では何も出来ない仕事ですから、それを理解して、多くのスタッフや一緒に仕事をする人への感謝の気持ちを忘れないことも大事です。多くの人と一緒に1つの仕事をしますので、ちゃんと挨拶をして礼儀を忘れないこと、気配りを忘れないなど、マナーを守る必要があります。これはモデルとしてというよりも仕事をする社会人として最低限守っていきたいことですから、常にいつも人には感謝して、普段から心がけて仕事を請けるようにしたいですね。