モデルに関わる仕事

メイクアップ

モデルに関わる仕事とは

モデルというのはモデルだけがいても、ファッション誌は成り立ちませんし、ファッションショーにも出ることができません。モデルを綺麗にするためにかかわっている人が大勢いるのです。例えばモデルに関わる仕事にはどのような仕事があるのでしょうか。これからそれぞれを詳しく見ていくつもりですが、このサイトでは、スタイリストと、メイクアップアーティストを詳しく紹介していきたいと思います。

スタイリスト
聞いたことがある人も多いと思いますが、スタイリストは表舞台に出て活躍をしている芸能人、女優、タレント、モデルなどの人物を雰囲気に合わせてスタイリングしたり演出するのが仕事です。主に洋服をコーディネートして選ぶのが仕事なのですが、スタイリストが用意した洋服を着てモデルが雑誌に出たりCMに出たりするわけです。それぞれの商品にあった服装、ファッション誌なら今のトレンドを抑えたコーディネートなどが求められますので、実はスタイリストは陰の立役者でありとても重要な仕事なのです。スタイリストがいなければモデルだけは演出することができません。

メイクアップアーティスト
メイクアップアーティストもいます。単純に美しいメイクをすればいいというわけではなくて、それぞれの状況や今求められている役柄、そして服装など、いろいろな条件によってメイクをしなければいけませんので、とても重要な仕事です。メイクに関していろいろな知識と技術が必要なことはもちろんなのですが、モデルのこともよく理解しておかないといけませんし、クライアントが今どのような雰囲気を求めているのかなども理解しておかなくてはいけません。

ハードな仕事

スタイリストが用意した服に合わせたメイクをするというのも重要なことです。そして映像、舞台、コレクションやイベントなどさまざまな媒体がありますが、ここでメディア表現をメインにして、現場でヘアスタイリングをしたりメイクアップをしたりするヘアメイクアップアーティストもいて、その場合は撮影スタッフやモデルと一緒に現場に出向かないといけませんのでかなりハードな仕事でもあります。意外と美容業界の仕事というのはハードで不規則な仕事が多いということも特徴としてあげられるかもしれません。モデル同様華やかな世界ではあるのですが、その裏方の仕事を引き受けるので、ハードです。撮影に同行したり、スタジオでの撮影もいつも時間通りに進むとはいえないのでハードな一面を持っているのです。