スタイリスト

スタイリスト

スタイリストの仕事は、表舞台で活躍をしている俳優やモデルなどの雰囲気に合わせて服を演出したりする仕事です。
スタイリストの仕事は、テレビやコマーシャル、映画の撮影、ショーやイベントなどに出る俳優やタレント、モデルに服、アクセサリーを雰囲気を見てコーディネートするのが主な仕事です。

さまざまなことが必要

どのようなコンセプトで、どのような雰囲気にしていくのかを考えてクライアントの意向やそのイベントのスタッフなどと打ち合わせをしながら決めていきます。
ある程度センスがなければいけませんし、そのモデルのことをよく熟知していてイメージできなければいけません。
アパレルメーカーから服を借りてきたり返却をするのも仕事なので、1日に撮影前に何軒ものお店にレンタルをしにいって、撮影が終わったら返却をしなければいけないので、すごい荷物を抱えて町中を歩き回ることもありますので、かなり体力がいる仕事でもあります。

スタイリストになるには

スタイリストになりたいと思ったら、最初はアシスタントからになります。
アシスタントとしてスタイリストのそばで働いていろいろなことを知り、経験をして補佐していきながら仕事を覚えるということになります。学歴や資格も一切必要はないのですが、服飾系、デザイナー専門学校などを出ていると有利かもしれません。
スタイリスト事務所があり、そちらに所属するという方法もあり、そこでトップモデルや女優たちのスタイリストとして定評がつけば独立してスタイリストとしてフリーで専属スタイリストしての道も平得ます。

最初の見習い期間でもあるアシスタント時代はかなり厳しいかもしれませんし、それを乗り越えられるのかどうかが重要です。
スタイリストとして成功するためにはセンスなども必要ですが、人を観察する力を持っていて、その力を活かして、その人をいかにしてよく演出することができるのかということが重要になります。
スタイリストとして活躍するためには、ただ単にセンスがいいだけではやっていけませんので、こうした演出できる力を持っているかどうかなども重要です。

アシスタント時代についた先輩の腕がよければいいのですが、このときに自分が思っているような仕事をしているアシスタントにつけなかった場合には、自分が思っている仕事をしている人のアシスタントになるために変えたほうが将来の近道にはなります。
給料は厳しく、休日出勤や残業などもとても多い不規則な仕事でもありますが、自分がコーディネートした服をモデルが着て活躍してくれるとうれしいですね。