メイクアップアーティスト

メイクアップ

ヘアメイクアップアーティストの仕事は俳優、女優やタレント、モデルなどにメイクをする仕事です。
メイクだけでなくヘアセットをしたり着物の着付けをするなら幅広く活躍をしている人もいます。それぞれの目的によってそのモデルさんをいかに綺麗に見せることができるのか、それを考えながら仕上げていくのが仕事です。

仕事内容

メイクアップアーティストの仕事は単に美しいメイクをすればいいというわけではありません。
それぞれの撮影の状況やモデルの雰囲気、求められている役柄や服装などに合わせていろいろな状況や条件でメイクをしていかなくてはいけません。メイクに関しての知識を身につけておかなくてはいけませんし、技術も必要になってくるでしょう。

雑誌やファッションショーなど様々な場所でメイクをすることになりますが、それは映像であることもありますし、舞台かもしれませんし、コレクションやイベントであることもありますので、その媒体は様々ではありますが、どれもメディアで表現することを中心にしていることは間違いありません。
メイクアップだけで活躍をしている人もいれば、ヘアスタイリングだけで活躍をしている人もいますし、ヘアメイクアップアーティストとして、どちらも両立させて一人でモデルの髪型からメイクまで担当している人もいますので、活躍の方法も様々です。

メイクアップアーティストになる方法

メイクアップアーティストになりたいと思ったら、高校を卒業してからメイクアップの専門学校へ行って2年間学習して、それからサロンや事務所に就職をするという方法もありますし、美容師免許を取得してからメイクアップの勉強もしている人もいます。
どこへも通わずに一人で独学でメイクアップアーティストになるということはほとんどありませんので、専門学校や留学をして学んだ上で誰もがメイクアップアーティストを目指します。

プロが施しているメイクのレベルはとても高くて、個人では真似ができない技になりますが、それだけ高いレベルの技術が求められているので、技術を学び、そしてトレンドなども抑えながら磨くことも求められています。ずっと同じメイクだけしていればいいわけではなくて、それぞれにあったメイクが必要ですので日々学習です。メイクアップアーティストとして仕事がしたい人は求人を見ることからスタートしましょう。

美容業界専門の求人サイトであれば、スムーズにメイクアップアーティストをはじめとする美容に関する仕事が見つけられるでしょう。

*メイクアップアーティストになるための参考サイト*
ヘアメイク学部│バンタンデザイン研究所(大阪の専門学校)
メイクアップアーティストの求人 | 美容の求人ならビアーレ